学校の規定

一般規則

          この規則の設定意義としては、生徒達の権利及び義務とE&G語学学校(以下より当校)の授業や寮の管理の迅速なマネージメントのための権限や責任能力についての明確な提示を目的としています。


          必要があれば、当校は規則を見直し、規則の修正、変更を行ったうえで新たな学校規則を発効し、掲示板に告知します。

 

          当校は質の高い授業と生徒の居心地の良い滞在のため、いかなる努力も惜しみません。

 

          生徒たちが当校の規則を破った場合、(故意、不注意、両方を含みます。)生徒は起こり得るいかなる不利益、罰則、怪我や損害等の全責任を負っていただきます。

 

          一旦、生徒が当校での滞在を始めたときから直ちに当校の義務や責任が発生します。それらの義務や責任というのは、生徒の当校での退校日に消滅するものとします。

 

 

 

学校の業務

          当校はフィリピンの国全体の祝日、祭日を休日とします。したがって、祝日、祭日の日には基本的に授業はなく、休みという扱いになります。しかし、寮に関する仕事、朝昼晩の三食や、掃除、洗濯に関しては通常通り、滞ることなく行わせていただきます。

 

          生徒は入校後初めのレベルテストを受けた後、オリエンテーションを受けなければなりません。そしてその次の日から通常の授業を受けていただきます。そのレベルテストの結果は水曜日にオフィスにて返却され閲覧する事ができます。

 

          生徒それぞれの授業の時間割というのは、掲示板にて張り出される形で告知され、テキストブックに関してはオフィス(担当者:ジャネット)で買う事が可能です。買った新しいテキストブックはその中の何冊かを変えようと思う場合は、直接書き込む事を控えてください。授業開始後の1週間に関しては教材を書き込んでいない場合に限り、無料で交換させていただいております。教材費とその他の雑費は水曜日までに一緒に払っていただく必要があります。


          当校は週に5日授業があり、通常授業は0800から1640、オープンクラスは1650から1740、自習は1900から2200まで(月曜日から木曜日までのみ)となっています。 また、毎週金曜日1640から単語テストがあります。(合格点に満たなかった場合、週末の外出が禁止)

 

          通常授業と義務である自習学習時間の出席確認は、当校のベルがなってから10分以内に教室にいるかによって判断されます。10分以上の遅れに関しては遅刻とみなされます。

 

          欠席に関しては、不可避な理由でのみ認められております。事前にオフィスにある欠席届を記入し、ヘッドティーチャー:シェーンに提出してください。それ以外の認められない欠席に関しては、私達は根拠の薄い欠席と捉え、その週末の外出禁止措置、及び警告の文書をお渡しする事になっております。

 

          当校では生徒の旅行や病気による入院などの個人的な事由による欠席に関して、補講は一切行っておりません。


          先生の欠席が避けられない場合、生徒は代替の先生による授業を受講する事ができます。代替クラスの確認は掲示板の告知より参照していただくよう宜しくお願い申し上げます。

 

          卒業証明書に関しては、授業開始から卒業日までの期間で90%以上の出席がある生徒にのみ発行されます。

 

          生徒はクラス変更を依頼することが可能です(木曜日の午前12時まで。)。生徒の授業時間割の変更は金曜日までに確認、告知され、次週の月曜日から有効となります。但し、有効となった週に再びクラス変更を依頼することはできません。

     一人の先生のマンツーマンの授業を2コマ取る事はできません。

     グループクラスの変更はそれぞれの生徒の英語能力によって制限される場合があり、生徒の英語能力にあっている場合のみグループクラスの変更を認めています。

     1コマのグループクラスをマンツーマンのクラスに変更する場合は4200ペソを変更料金として頂く事になっております。

     クラス変更後の相次いでの変更の依頼は、特別な理由がない限り許可致しません。

 

          入校直後のレベルテストを受けてまだ2週間以内の生徒やテスト日と同じ週に卒業予定の生徒を除き、全ての生徒は月に1度ある評価テストを受ける必要があります。テストの結果はオフィスにて次週の水曜日から公開されます。

 

          先生方、生徒の方々の授業を妨げるいかなる行動に対しても、当校は文書による注意・警告を行い、それでも尚状況及び行動が改善されない場合、最終措置として除籍処分を言い渡すことになっておりますのでお気を付けください。

 

          当校は生徒と先生間に起こり得るいかなる個人的な問題に関しましては、一切の責任を負いかねますのでご注意ください。

 

 

 

寮に関する業務

          当校は、生徒が個人的に所有している全てのものについての紛失、滅失、損害その他一切の責任を負いません。

 

          食事の時間は以下の通りです。

     平日:朝食(700~740/昼食(1150~1230/夕食(1800~1840

     休日:朝食(800~840/昼食(1230~1310/夕食(1800~1840

      夕食を外で食べる生徒に関しては、昼食の間に「外食されますか?」(Are you going out dinner?)という名前の用紙が、ダイニング・ルームにありますので、そちらにお名前の記入を宜しくお願い致します。加えて休日外出される際には、ガードマンの所にあります食事欄(LUNCH/DINNER)に昼食、夕食の有無を○か×で記入していただくよう宜しくお願い致します。

     生徒が個人的に調理用具等をダイニングルームに持ち込み、使用することは基本的に禁止しております。

 

          ドミトリー(寮)の掃除は無料で週3回行っております。(E棟:月曜、水曜、金曜/G棟:火曜、木曜、土曜

 

          洗濯は週3(月、水、金)無料で行っております。

     ある特定のもの(靴、かばん、ベルト、帽子など)を洗濯したい場合は、別途料金がかかります。また、特定の洗濯量(5kg×滞在週数)を超えると、料金が発生します。

     洗濯物の返却後、何か問題がありましたら、2日以内に申し出るよう宜しくお願い致します。

 

          当校の施設に関する問題や相談がある場合には速やかにオフィスに申し出るよう宜しくお願い致します。

     平日:(800~1700)オフィスに来ていただき、相談する事ができます。

     金曜日の1700以降または週末:警備員に相談する事ができます。

 

          当校の全ての施設は、平日・休日に関わらず、AM100に全て閉める事となっております。

 

         平日と週末の門限はそれぞれ違います。また、フィリピンの国全体での祝祭日は週末と同じ扱いになります。門限を越えての外出、帰寮は堅く禁じられておりますのでご注意ください。

     平日(日曜から木曜)PM2200まで

     週末(金曜と土曜)次の日のAM130まで

 

         週末に旅行に行く場合には、外泊許可が必要になります。生徒は金曜日の朝までに旅行計画書をオフィスに提出する必要があります。旅行計画書の提出無しに旅行をしてしまった場合、それは門限違反とみなし、罰則が発生します。

 

         先生を含め、当校と関係のない人物とドミトリーの部屋に招待したり、会うという事は禁止されております。罰則若しくは除籍処分という措置が考えられるので十分にご注意ください。

 

         異性の寮に入る事は禁じております。ドミトリー内での一切の男女間の性的な問題が発生した場合、直ちに除籍処分となりますのでご注意ください。

 

         当校敷地内での飲酒は禁じられております。お酒をドミトリー内に持ち込もうとした計画が発覚した時点で、飲酒とみなします。必要であれば、看守は生徒の持ち物検査をする事ができます。部屋の掃除の際に出てきた、いかなる種類のお酒についても注意、警告の対象となり、その部屋に滞在している全ての生徒に対して注意、警告がなされます。

 

         ドミトリー内での調理、喫煙など火災を引き起こす可能性のある全ての行為は禁じられております。

 

         トイレットペーパーやタバコの吸殻、ナプキン等をトイレに流すことは禁じられております。

 

         校内のWi-Fiを使用しての映画や放送番組のダウンロードは、校内全体のインターネットの速度低下を引き起こします。Wi-Fiを使用している他の生徒に迷惑をかける行動であるため、校内のWi-Fiを使用してのダウンロードは、なるべく自制していただくよう宜しくお願いします。それでも必要な場合は、夜12時以降の時間を活用してください。

 

         ドミトリーに関する規則で述べている通り、騒音や学習の妨害、当校の所有物や施設に対する損害(ドミトリーの鍵の紛失:600ペソ、リモコンの紛失及び損害:1000ペソ、その他の紛失及び損害:実費弁償)、窃盗、暴力及び公共の秩序を妨げるいかなる行為に対しては、注意・警告若しくは除籍処分、またフィリピンの刑法に基づく法的刑罰が科せられます。

 

         当校では生徒のSSPを取得し、ビザの延長の手続きのために全生徒のパスポートを管理しております。諸手続きの後、パスポートは2×2の証明写真と一緒にして、オフィス窓口にいる担当者ジョアンに渡してください。もしまた改めて個人的な理由でパスポートが必要な場合はオフィスを尋ねていただくよう宜しくお願い申し上げます。

 

         パスポート及び預かっていましたドミトリーのお金に関しては、それぞれの生徒が退校する週の木曜日の午後までに返却させていただきます。(帰国していただく際、200ペソ+空港でのタクシー代は最低限必要になりますので、ご注意ください。)

 

         ドミトリーへの入寮日と退寮日は同じ曜日にするというのが原則です。仮に、土曜日に入寮された生徒の方は退寮日の期限は土曜日の朝です。部屋の鍵はドミトリーのお金が返金された際に、オフィスにいるジャネットに渡してください。

 

 

         退寮された後にドミトリーへの滞在を延長したい場合、退寮日の1週間前までにオフィスにお伝え頂いた生徒に限り、1 Triple room :1,500ペソ, Twin : 1,750ペソ, Single : 2,000ペソで延泊する事が可能です

페이스북에 공유 트위터에 공유 ENG DAVAO - YouTube 다바오 이앤지 어학원 : 네이버 블로그
Educational Testing Service
Authorized TOEIC Test center
British Council Authorized
IELTS Registration Agent
Technical Education and Skills
Development Authority
Accredited
Bureau of Immigration
SSP Accreditation
No.AFF-06-135